理事の紹介

SUSA| 一般社団法人 静岡県無人機安全協会 
会長  堀内 善弘


『静岡県ドローン操縦安全10カ条』の発表

私共、一般社団法人静岡県無人機安全協会は、静岡県危機管理部のご指導も頂きながら、ドローンを始めとする無人機活用における安全の啓蒙推進に特化して、今夏、設立致しました。

このところ、私たちの生存を根底から覆すような、いわゆる想定をはるかに超えた自然災害等に、もう想定外という言葉はないのだと言うようになりました。南海トラフ巨大地震が来るであろうことは、多くの報道でなされ、想定はするが、防災にも限界があり、減災の方向にもあることは事実です。これは、私たちの努力とそれを超えた力に対する見極めをしていかねばならない示唆であり、ある種の覚悟を持って臨まねばならないということです。そういう防災、減災対策として無人機も大いに活躍をせねばなりません。

一番は命を守ること、それを追求する中で、今後は、AIの進化に伴い、地上、いわゆる自動車の自律運行も急速に進むことでしょう。これは、地上に限らず、航空、すなわち空間における有人、無人航空機の自律飛行へも発展していく話です。 災害後の救難についても有人航空機の運航に無人機がその運行障害になってはなりません。こういった話はそんなに遠くない世界で、すでにいろいろと開発が進んでおりますし、緊急時の課題として対処していかねばならないことです。

産業構造が変化する時、なにより具体的な手段が世に現れ、それが象徴ともなり、けん引する形で新しい技術がうみだされていきます。その一つがドローンであると言えます。希望を持つ面、歴史が証明するように危うい面にも目を背けてはなりません。物に二面性があるように、現在においてはメリットとデメリット、リスクを十分念頭に置き産業推進をしていかねばなりません。

ドローンに見られる新しい産業振興は急速な発展を全世界で展開しつつあります。新しい産業、利便性、発展性、ひいては産業の構造が変化する意味でも、私たちが空間という次元を市民レベルで如何に活用していくかが問われる昨今です。それまでは眺めるだけの空。今、その空間を身近に活用というテーマを与えられたのだと言えます。ドローンに関しては、産業開発のため競争が激化するでしょう。切磋琢磨は技術の向上、振興で歓迎すべきことです。しかし、反面のリスク管理も十二分に検討されるべきです。

“安全”は、何より優先されるべきものです。これが私たちの暮らし、ひいては人類、世界が希求すべきものです。“安全”は、何もしないで静かにしていても、ここからは生じて来ません。“安全”を確保することは人々の共通した課題です。安全の担保はどうしたら図れるか。それは、誰にでもわかりやすく、シンプルに呼びかけていくことから始まるのではないでしょうか。

空を飛ぶトンボが安全かどうかと心配する人はいないでしょう。安心して、むしろ癒される、そんな感情を抱きます。いみじくも雄バチのネームの由来はドローン。トンボと違い、蜂が目の前を飛び交うと、安心な気持ちではいられません。それは、ミツバチが有用であるとわかっていても目の前にすれば安全な状態とは言い難いのです。空間に飛翔するものに関して、あこがれもありますが、つかみ処の無い心配も生じるのが人の心情というものです。

正しい理解と心の安らぎで見ることができる感覚に「安全」を広げるつもりはありません。 無人機の場合、それを使用する人と見る人は共通の認識を持つことが重要です。 ここでは、「静岡県の無人機無人運転安全に関する10項目」を発表します。

これは理解しやすく簡潔な安全の呼びかけです。 歩行者を守っている人は十分に保護されており、市民は、これらの点で安全に使用されていることを市民も理解してほしい。 この共通の理解に基づいて、Droneの業界促進が正しく行われることを願っています。

県地域名を冠して無人機の一般社団法人は(ドローンを始めてとした無人航空機、無人ビークル等含む)日本国内で初めてと云えます。

『静岡県ドローン操縦安全10カ条』の発表は、まずは、地域から、草の根的に広げていきたいと思います。

ドローン関係者の皆様、関係各位のご理解、ご協力をお願い申し上げます。


ドローンの有効で効率的な活用と支援するため静岡県無人機安全協会は地域の行政、企業、個人の皆さんと連携して先進的技術をいち早く安全に実装する環境創りに寄与します。

理事の紹介

会 長  堀内 善弘  マルチコプター利用協議会 

「浜松帝国警備保障株式会社 代表取締役社長」

副会長  内山 一雄 (国法)産業技術総合研究所 客員研究員 

「コントレイルズ株式会社 取締役」

専務理事  田村 博   特定非営利活動法人 ふじのくにSKYイノベーション専務理事 

「静岡理工科大学 特任講師」

常務理事 岸谷 清満  元静岡県危機管理部危機対策課 危機調整官

「株式会社 総合防災ソリューション」

理 事  桜井 俊秀  しずおかドローン利活用推進協議会 事務局長

 「株式会社 Queen Bee and Drone 取締役」

理事 伊東 康彦  「株式会社 綜合自動車学校 代表取締役」 

理事 兼 事務局長  小栗 幹一  特定非営利活動法人 ふじのくにSKYイノベーション理事 

「日本DMC株式会社 代表取締役」

監事 露木 博幸  司法書士 露木事務所