会員規則(入退会)

第1条(目的)
この規則は、定款第6条に基づき、社員総会の決議により、入会及び退会に関し、必要な事項を定めるものであり、この規則を変更するときも同様とする。
第2条(会員の種別)
当法人の会員は次の3種とする。
正会員(個人・団体)
当法人の目的に賛同して入会した個人又は団体。社員総会において議決権を有する
賛助会員(個人・団体)
当法人の事業を賛助するために入会した個人又は団体。社員総会において議決権は有しない
名誉会員
当法人に功労のあった者又は学識経験者で、社員総会において推薦された者
第3条(入会)
当法人の正会員又は賛助会員となろうとする者は、当法人所定の様式による申込書により申込みをし、理事会の承認を得るものとする。又、団体たる会員にあっては、団体の代表者として当法人に対してその権利を行使する者(1名に限る。)を指定代表者として会長に届けなければならない。
第4条(入会承認の手続)
  1. 入会申込み受付後、理事会の承認及び会費の入金の確認をもって、正会員又は賛助会員となる。理事会は、入会申込者が以下の項目の1つにでも該当する場合は、入会の承認を拒否することができる。
    1. 当法人の目的に賛同していないと判断した場合
    2. 過去に規約違反等により、会員資格の取消が行われていた事が判明した場合
    3. 入会申込書の記載内容に虚偽の記載があった事が判明した場合
    4. 暴力団その他反社会勢力に属していると思われる場合
    5. その他、会員とするにふさわしくないと判断した場合
  2. 会長は、理事会において入会の可否を決定した時は、入会申込者に対して、その旨を書面又は電磁的方法で通知しなければならない。
  3. 名誉会員については、社員総会において承認を得た後、本人が入会を承諾することにより、ただちに入会が成立するものとする。
第5条(会費)
  1. 正会員及び賛助会員は、当法人の目的を達成するため、必要な経費を支払う義務を負う。
  2. 会員の入会金及び会費は次のとおりである。
    1. 入会金
      団体正会員・・・・・・・・100,000円
      団体賛助会員・・・・・・・50,000円
      個人正会員・・・・・・・・10,000円
      個人賛助会員・・・・・・ 無 料
    2. 会費
      団体正会員・・・・・・・・100,000円/年
      団体賛助会員・・・・・・・50,000円/年
      個人正会員・・・・・・・・10,000円/年
      個人賛助会員・・・・・・・ 5,000円/年
平成31年3月末日までの、入会申込者に対しては入会金免除とする。
なお、名誉会員については入会金及び会費は課さない。
第6条(会費の納入期限)
  1. 会員は、会費請求により指定される納入期限日までに、会費年額の全額を、当法人の指定口座に送金しなければならない。なお、送金費用は会員の負担とする。
  2. 事業年度の中途に入会した会員の会費については、理事会承認月の翌月より発生するものとし、年額会費を月割りにて残りの月数分を納入するものとする。尚、計算により100円未満の端数が生じた場合は、切り捨てるものとする。
第7条(入会金、会費の返還)
定款第8条による年度中途の退会や、定款第7条及び第9条により、除名もしくは会員資格を喪失した場合でも、一度納入された入会金及び年会費は返還しないものとする。
第8条(有効期限)
  1. 会員資格の有効期間は、1事業年度とし、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。ただし、初年度の資格は、初年度事業年度が設立日より平成31年3月31日となるため、この期間までとする。
  2. 会員について、退会の申出がない限り、会員の有効期間は自動更新するものとする。
第9条(変更の届出)
会員は、登録した会員情報に変更が生じた時は、遅滞なく書面又は電磁的方法により、変更内容を事務局へ通知しなければならない。届出がない場合により、会員に不利益が発生した場合でも、当法人は一切の責任は負わないものとする。
第10条(退会)
会員は退会届の提出によりいつでも退会することができる。ただし、1か月以上前に当法人に対して予告をするものとする。